ゆるりブログ

ゆるく生きるのにためになった本やアイテムをご紹介

ドラマも最高!続編も楽しみ|旅屋おかえりの本


こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。今日も暑かったですね(;_;)

でも最近秋の虫が鳴くのを聴くようになりました。少しずつ秋が近づいているのですね。

最近は暑いか寒いかの天気で春や秋を感じるのが少なくて寂しくなります。

秋の静かで少しせつない雰囲気はとても好きです。

今年は感じられますように。いやきっと感じられますね(と引き寄せの法則的にはこう言わないとダメみたいです)

先日旅屋おかえり /集英社/原田マハ という本を読みましたのでご紹介したいと思います

安藤サクラさん主演でドラマにもなった

元々このお話を知ったきっかけはBSドラマでした。安藤サクラさん主演で観ていたんです。

2023年には続編もあるみたいで益々楽しみに!

主人公の明るいキャラクターに元気をもらえます。その土地の名物や観光地などもちょこちょこと出てくるので旅に行った気分に(笑)

そして旅にも出かけたくなるような気分にさせてくれるお話ですよ。個人的には表紙の絵が可愛くてお気に入りです。

美術好きには嬉しい!原田マハさん原作

美術館巡りに興味がある私にとっては嬉しい原田マハさんの作品。

先日美術好きの知人に原田マハさんはキューレーター(美術館や博物館で資料収集や展示などに関わる人)の経験がある方と教えて貰いました。

経験を元にした作品も多いのですね。小説家に憧れがある私。

同じ女性としてもアクティブな生き方に憧れます。今まで自己啓発本ばかり読んでいましたがこれをきっかけに小説もどんどん読んでいこうと思います。

聞き馴染みのない方言に癒される

旅屋おかえりのなかでは、秋田県愛媛県に行くシーンがあります。その土地の人々が方言でやりとりするシーンが多々あるのです。

地方出身の私はなんだかほっこりします。土地によってもイントネーションや表す言葉など違って不思議ですよね。

最近お雑煮の本も読んだのですがお雑煮も土地によって全然違うんですねえ。

ちなみに福岡出身の私は薄いだしに白菜とかまぼこが入ったシンプルなもの。福岡より大分に近いかもしれません。

その土地によっての個性を感じられるのも旅の醍醐味ですね。

日本だけでも行けていない箇所がたくさんあるのでこれから攻めていこうと思います(笑)

今のところ気になっているのは北陸地方。石川県とか富山県もいいですよね。

富山の寒ぶりを食べたくて仕方ありません。今年こそは計画を立てなくては。

まだまだ暑い日が続きそうですが皆様ご自愛くださいませ。最後までご覧いただきありがとうございました。