ゆるりブログ

ゆるく生きるのにためになった本やアイテムをご紹介

【ワイン】趣味や独学で試験を受ける方にも!お酒を学ぶ際におすすめの本

こんにちは(^^)/ご覧いただきましてありがとうございます。

今日も変わらず暑いですね。日差しが出ていないので昨日よりかは良い気がしますが。相変わらずです。

今日は最近読んだ世界で一番わかりやすい おいしいお酒の選び方/山口直樹 についてご紹介していきます。

私実はワイン検定のシルバーまで持っています。ワインエキスパートの資格取得も考えたのですがこれといって目標もないため今回はやめました。

そこで本を利用して勉強しようと思って今いろいろ読んでいます。その中で出会ったのがこの本です。

ワインの表現が簡潔に書いてある

ワインに詳しい方ならご存知かと思いますがワインの表現って独特ですよね。私もテイスティングの講座を何度も受講したことがありますが難しすぎて未だにちんぷんかんぷんです。

ですがこの本は品種ごとの表現が表になっており、わかりやすくまとめられています。ワインを飲む場で楽しめるように作られた本のようですが、ワインを学びたい方や詳しくなりたい方にもピッタリだと思います。

品種の特徴も女性のタイプとして表現されていたりと、スッと頭に入ってきやすいです。

自分がどの品種が好きなのかの分析もできる

筆者独自の『一瞬で好みを読み解くチャート』というのがあり、質問に答えていけば好みの品種に辿り着くというコーナーもありました。

今まで読んだ本の中には文字がただ並べられただけの本が多かったのですが正直何度読み直しても理解できない物も多く(笑)

こちらは時折漫画も入っているため楽しんで読めます。

ちなみにこの『一瞬で好みを読み解くチャート』は後述しますが日本酒バージョンもあり、なかなか面白いです。

ワインだけでなく日本酒やカクテルについても詳しく記載がある

私がこの本を選んだのはワインについて知るためですが、日本酒についても詳しく記載があります。私は正直日本酒が得意ではないのですが、この本を読んでまた飲みたくなりました(笑)

最後の少しだけカクテルやバーについての記載もあります。バーに行く緊張もなくなりそうです。

ワイン、日本酒、カクテルに精通しているお酒のプロの山口さんだからこその的確な表現ですっと入ってきやすい本です。

私も今度1人バーにでも挑戦してみようかと思います。

コロナ禍でまだまだ飲みには行きにくい空気がありますが、お酒好きな方は感染予防を徹底しつつお酒も適度に楽しみましょう!笑

今日も一日お疲れ様でした。最後までご覧いただきありがとうございました!